コラム

1万時間の内訳まとめました→スキルマップ作った。


前回、マーケターは「1万時間の法則」をどう考えるべきか?と題して公表したスキルマップですが、その埋め方とか分布パターンについて、以下にまとめます。

時間の計算方法

よほどの自由な働き方をしていない限り、おおよその人は1日8時間 + 残業時間の中で、日々様々なスキルを磨いたり発揮しているかと思います。ただし、日々の業務をまじめに見直してみると、これまたよほどのことがない限り、全時間をスキルとして磨ける時間ではありません。

社内や社外との調整、様々な打合せ、メールでのやり取り、部下の育成…やることは山程ありまして、実業務にまじめに取り組めるのは、多くて5時間。なにかと調整ごとが多い方だと、下手すると3時間くらいなんじゃないでしょうか。残業時間が多い方や、プライベートも学習にあてる方で、ようやっと8時間いくかどうかだと思います。

これを完全に何時間費やした、とは言いづらいのが正直なところなので、

  • 一般的な業務時間内で済ませている方:5時間
  • 残業や学習などに時間を費やしている方:8時間

として、月20営業日で計算していくと、全時間が計算できるものとします。※もちろん、もう少しきちんと算出できる方はその時間数でどうぞ。

1日5時間とすると、1年間で、5時間 × 20日 × 12ヶ月 = 1,200時間。1万時間まで8年強かかります。

1日8時間では、1年間で、8時間 × 20日 × 12ヶ月 = 1,920時間。5年強で1万時間に達しますね。なんとなく感覚的にも、納得感ありませんか?ありますね。あるんです。

これを、その時々で取り組んでいたスキルで分配してあげれば、それぞれのスキルに費やした時間が分かります。

スキルマップについて

スキルマップ

スキルマップは、まず

  • 大概的な主張が必要なスキルか、客観的にデータを傾聴するスキルかを縦軸に
  • 定量的データを扱う事がメインのスキルか、定性的なデータや感性を扱うことがメインのスキルかを横軸に

とっています。これに対し、各左右の上下で専門職的スキルをグルーピングしました。

  • 右上の青グループ:マネジメントや事業推進系のスキルグループ。SNS運用が入っていますが、これはすぐにでも修正されるでしょう笑
  • 右下の橙グループ:広報宣伝系のスキルグループ。自身で手を動かし制作するというより、品質管理面も含めたグルーピングとなっています。
  • 左上の緑グループ:アナリスト系のスキルグループ。機械学習とか開発系スキルでもありますが、一旦ここで。
  • 左下の黄グループ:開発系のスキルグループ。最近はサーバー系の知識も必要とされているので含めました。

それぞれの専門系の方々は、ここ起点でスキルマップが伸びていくのではないでしょうか。

コンサル系の方グループ

縦軸に沿ってスキルが分布される方は、コンサル系のスキルグループ。定量定性双方の声やデータを、その左右に分布されるアウトプット系スキルに派生していきます。その分布のしかたで、自分の強みが変わってきます。

Webマスター系の方グループ

Webマスターと言うか、事業会社でWeb担当になると、横軸に沿ってスキル習得冴えることが多いのではないかと。ここからアナリストか制作者かで、これまた分布の傾向が独自のものとなっていきます。

制作者の方グループ

制作会社などで制作担当として活躍されるかたは、下側に分布が広がりますかね。この場合、あまり制作管理に時間を費やしすぎると、自分の売りを見失い勝ちになるので注意が必要です。早いとこどこかに強みを持ちましょう。

広告代理店系の方グループ

そう呼ぶのが正しいのかどうか・・・ですが、広告代理店の方がいろいろ広告提案や運用、プロモーション施策をしていく中で身につくスキルグループ。このまま戦略系強くなったり、コンテンツ系強くなったりで、やはり分布は変わります。

データサイエンス系の方グループ

データサイエンス系は、こうして見てもやっぱり広くスキルが必要…費やす時間も多いですね。市場価値が高いのも納得です。僕が残りの人生で目指すのは無理そう!

という事で、前述の通りまだまだ修正は必要ですが、現状でVer.0.6くらいにはなりまして、それなりに精度は高まってきてるのではないかと思ってます。試された方、ぜひフィードバックいただけると嬉しいです。


ちなみに実はこの分布のベースには、「ソーシャルスタイル理論」というものがベースにあったりします。それはスキル等の経験ではなく、その人の持つ属性でコミュニケーションスタイルが分類されるというものになります。

もともとスキルマップ作る時に、「自分の強みってどこにおけばいいんだろう?」と思われる方も結構いらっしゃるので、自分を活かしたスキルマップを作れないかな、と思った次第です。

次回は、その「ソーシャルスタイル理論」について触れてみます。