コラム

マーケターは「1万時間の法則」をどう考えるべきか?→スキルマップ作った。


ここ最近、掲題の「1万時間の法則」について考える事が多くなりました。その事については、前回のマーケ本の書評にも書きましたが、改めてこの法則について、「デジタルマーケター」かつ「マーケターを増やしたい人」の立場で考えてみます。

1万時間の法則とは

これも前回の記事で触れている事ですが、本記事のベースとなる事でもあるので改めて簡単にまとめます。

この法則は、マルコム・グラッドウェル氏による著書「Outliers(邦題:天才!成功する人々の法則)」で書かれたものです。

「どの分野においても1万時間の練習で達人になれる」という理論ではありますが、そのベースとなっているのは、とある音楽学校でのコンサートを開催できるプロレベルは1万時間を費やした、みたいな話。

そこでいうプロスキルが、そんなに単一的なスキルだと思っているわけではありません。しかし、デジタルマーケティング関連で考えると、それはもう何をどうすればいいのか途方に暮れるレベルです。

カオスマップ、まじカオス。

その中にあっても、皆さんは今現在「自分は企画に強い」とか「自分はアナリストとして活動したい」とか、ポジショニングやビジョンを持って活動していることと思います。要は、プロと呼ばれるために必要と言われる1万時間を、どう分配して経験を積んでいくか?もきちんと考えて、実務や学習に就く必要があるわけです。

マーケティングは単一作業では構築されていない事を知る

では仮に、「自分はデータから施策を導くマーケターになりたい」と思ったとします。この時、データから施策を導くとは、どのような分析をしてどのような施策が提案できる人の事を指しているのでしょうか?

単純に分析と言っても

  • アクセスログのデータを解析できる
  • 自社保有のデータを統計的に解析できる
  • ユーザーへの定量調査を分析できる
  • ユーザーへの定性調査結果を分析できる

と、これだけでもやらなければいけない事とスキルはそれぞれ別になりますし、これ以上のデータ分析を必要とされる事も多いのが現状です。

施策に関しては、各コンタクトポイント毎での施策があり、メディアの特徴やコスト感も理解した上での策定力が必要となります。

そして、これだけでは業務は回りません。これを説得する為のレポーティングやプレゼンテーション、実際の施策実行の際の調整力も必要となります。

個別にスキルを積もうとも、何かとやることの多さと庶務的タスクに追われてしっかりと「身についた」と感じられる事は少ないのではないでしょうか。

陳腐化するスキルについてはどう考えるか

デジタルマーケティング界隈では、名称や意義が多少変われども、本質的にはひとつなぎの大秘宝とも言えるスキルやフレームワークが存在します。ペルソナ戦略からのカスタマージャーニーマップがその代表例。

それをワンピースと呼ぶかは人それぞれですが、ワンピースは実在します。ドン!

ただ、SEOを代表とした施策側スキルについては、黒ひブラックハットとかの海の藻屑と消えるべきモノもありますし、IP分散とかでいくら擬似的に部下を増やしてみたところで、大した力もないSMILEの能力者は、もはや何の役にも立っていません。(ネタバレ注意。遅い?)

これをスキルと呼ぶべきでしょうか?

ということで、使えるスキルマップ(β)を考えてみた

よほどのワンピースでもない限り、数百年も語り継がれるものなんてないし、コトラーだってマーケティングを市場にあわせて3とか4とかにバージョンアップさせてます。変化への適応が最も重要。

それなら今、自分が考えうる未来を見越したスキルマップを作っておいても損はない。みんなの意見や流れとともにアップデートしていこう。

ということでできたスキルマップが、こちら

正直、まだAs-Isなスキルマップであるのは否めませんが、できる限り陳腐化しそう&包括できそうなスキルは省略しました。現在、近しい方々にひっそりと公開しつつ、ご意見いただいている最中でございます。

各項目についての詳細や、どのように経験を考えるか?は細かくなりそうなのでまた次回。てか今後しばらくは、これについて書いてくぜ連載。

ちなみにこれを作っていて、いくつかのマーケター分類が見いだせるようになりました。(∩´∀`)∩

各項目に必要な経験時間も、経験値からざっくりと[ ]内に書いてみました。とりあえず、もし自分で計算できそうな人は事前にやってみてください。


次回は、これまたざっくりですが計算の仕方とか、主な分類とかについてまとめます。その後にでも、皆さんからもご意見いただけますと幸いです。