コラム

「先生、ドラクエのKSFって何ですか?」からのKGI・KPI・KSFの話。


ウェブ解析士マスター講座では、毎回受講者がとある目標を達成するためのレポート提出が余儀なくされます。これを通らないとマスターの称号は得られません。故に皆さん、必死でガンバライジングします。

その中で、様々な分析を通してKGI達成に向けたKPI設計を行うわけですが、受講生とこんなやり取りになりました。

※KGIとかKPIについての”ちゃんとした説明”はこちら。

いきなり見せられても何のこっちゃ?って話なんですが、その受講生の話を聞いていて、どうやら「目的」と「目標」と「課題」と「施策」いろんなものが整理できてなかったようなので、

このツイートを例に説明したわけです。目的は目指すところ、その上で今の目標はKGI。それをKSFを通じて分解してくのがKPIである、と。そしたら、先程の質問になったわけです。

というわけで、ドラクエを通してKGI・KPI・KSFを説明することに本気出します。

KGI・KPI・KSFとは?

一旦、ここでマーケティング基礎からやり直しましょう。

とある売上目標が与えられたとします。通常、それを達成するために様々な行動を取ります。しかし、やみくもに行動しても時間も労力も限りある資源ですので、できる限り効率よく達成しようと考えます。

この場合、

  • KGI(Key Goal Indicator):重要目標達成指標のことで、達成すべき目標。ここで言う「売上目標」
  • KPI(Key Performance Indicator):重要業績評価指標のことで、目標達成に必要なプロセス、ここで言う様々な行動を「量」で示したもの。
  • KSF(Key Success Factor):重要成功要因のことで、KGI達成を成功させるための要因。この場合では、「できる限り効率よく=無駄に戦わずに済む=基本戦略」となり、その戦略を持って戦術=行動が決まるため、各KPIの項目と目安が決まってきます。

となります。

では、ここからは先程のツイートの流れから、ドラクエに当てはめていきましょう。

KGIとは目標である。

ここはもう間違いないことで、勇者にとっての目的は世界平和です。その為に魔王討伐という目標を掲げます。なので、KGIは魔王討伐になります。

仮にハーゴンやバラモスを討伐したところで、世界は平和になりません。それらの後にはシドーやゾーマが現れます。これは、KGIが次のボスへと変遷していってる事を表します。その時その時で、KGIは変わるものです。ここ、後ほど重要になります。

で、KPIとKSFの関係性について

一旦改めて繰り返します。

  • KPI(Key Performance Indicator):重要業績評価指標のことで、目標達成に必要なプロセス、ここで言う様々な行動を「量」で示したもの。
  • KSF(Key Success Factor):重要成功要因のことで、KGI達成を成功させるための要因。

KGIとKPIの関係性を示すために、よく「ロジックツリー」というものが使われます。

KPIひとつひとつが達成されれば、KGIが達成されるという図式ですね。非常に論理的かつ問題発見もしやすい為、経営やマーケティングの世界では、当たり前の用に使われるものです。

ただし、このKPI。事業上の営業プロセスとかで分解されることが多いのですが、本来であれば「自分達が市場で勝てる要因」=KSFで分解してあげた方が、強みを活かした行動ができます。無駄も省けるし差別化もできます。

話が本筋にずれてきたので、ドラクエに戻します。どゆこと?

魔王を倒すというKGIに対して、何らかのKPIを策定する場合、そこには「どうすれば魔王を倒せるのか?」を考える必要があります。当たり前の話です。

仮に勇者が1人で立ち上がり、勇者1人で倒そうとするのであれば、討伐すべき魔王の攻撃に全て耐えられ、魔王のHPを0まで削れる能力があれば済む話です。

しかしそれは、Lv MAXまであげても不可能なのが、ドラクエの世界でしょう

※できた人いたらホントの勇者だから以下は無視してください。
※あとドラクエ1は別な。30年以上前の話。もうそんなんで倒される魔王いないから。

この場合、KSFは「魔王より強い勇者を育成する」ということになりますが、

  • 魔王よりも高いアクション回数 ←大概この時点で無理
  • 魔王の防御力を上回る攻撃力
  • 魔王の攻撃から身を護る防御力
  • すり減った体力を補う回復力
  • 上記を遂行するためのMP

とかになって、一般的に実現性は低い。リスクが高いという話です。

その為、別な手段を考えます。さらなる分析を続けると、同じ志と様々な能力を持った者たちがいることが分かりました。ここで勇者は気づきます。「チームワークを持ってすれば、魔王を超えられるのではないか?」と。

この「チームワーク力を活かした戦闘能力の確保」をKSFとすると、KPIとして

  • 攻撃力の確保 = 各メンバーの攻撃力の総量
  • 回復力の確保 = 回復量×必要MP量×回復回数+回復量×草の数
  • 戦闘補助スキルの補助 = 総回数×MP
  • 代替メンバーの確保

とかに分解できて、それぞれ達成が見えやすく…なってる気がしませんか?しますよね?するんです。
そのKPI達成のために今度は、いろんな職業スキルを持った仲間の確保と育成により、各パラメータが達成していくわけです。

そして更なるKPIの分解についてですが、仮に攻撃力であれば

  • 武器による攻撃力向上
  • Lvによるこうげきりょくの向上

と言ったふうに分解され、その目標値をどう配分するかはプレイヤー次第という事で、正解は1つではないということになります。結果としてそれぞれのKPI目標値が達成され、魔王討伐というKGIが達成されればよいのです。

そして、もし魔王討伐後にラスボスが現れたとしても(前述のKGI変遷)、同じようにきちんと分析からKSFが導かれていれば、同じように討伐に向けたKPIを設定していけばよいだけです。KSFは、時代や環境、KGIの変遷とともに変革を余儀なくされます。

間違ったKSFについて考える

正解がない以上、間違いも正確にはないわけですが、「実現可能性」を判断することはできます。

先程の「チームワーク」についてですが、もしここで「賢いやついっぱい集めればいいんじゃね?」みたいな判断からKSFとしてしまうと、KPIが

  • 悟りの書+僧侶(もしくは魔法使い)
  • 遊び人の数×転職率

みたいになりかねません。これで勝てるかと言うと、遊び人はMP低いから結果使えなくないすか?魔王討伐までは無理だと思うんですよね?なぜドラクエ3に限定して話してるかは不明なので、単なる例としてとらえてください。

また、「バラモスのバシルーラに耐えられる、捨てゴマ体制と圧倒的勇者」みたいな事言いだすと、

  • 圧倒的勇者のステータス
  • バシルーラを受けるまでに何らか役に立つメンバー3人のスキルとパラメータ

みたいな話になって、結果としてはまぁ勝てればアリアハンの王から「バスタードソード」もらえるけど、リスクが高すぎます。

なぜドラクエ3に限定して話してるかは不明なので、単なる例としてとらえてください。

要は、「実現可能性」からKSFをちゃんと導いて、KPIに落としこもうね、という話です。

まとめ、というか苦言

最近、ウェブ解析士界隈においても「KPIを変動させるための施策」みたいな言い方をされているケースをちらほら見かけます。これは完全に論外です。偉そうですみません。でも、論外なんです。

KSFとは「勝利要因」であり「成功要因」です。その要因を数量化して分解することでKPIは初めて意味をもちます。このあたりを理解しないと、遊び人から賢者になったみたいなWebディレクターが横行して、大した仕事もできずに「いやクライアントが…」みたいなこと言い出して、結局お前スキルの積み上げにもなってないじゃん!売上にも寄与してないじゃん!みたいな事態に陥ります。なぜドラクエ3に限(r

という事で、KSFについてはまだまだ議論の余地はありそうなところですが、その上でしっかり理解して素晴らしいパーティ構築に励んでください!あ、マーケティングチームの話ですよ!