【閑話】ヘボコン出場の記録と少年兵について

この記事は ヘボコンAdvent Calendar 2017 の14日目の記事です。

ヘボコンAdvent Calendarと聞いてアクセスしたところ、息子の誕生日(今日)がちょうど空いていたので参加しました。息子の誕生日じゃなかったら書くの忘れるとこだった。慌てて当日に書いてます。

自分が参加したヘボコンは、下記の3大会です。

  • 第1回のヘボコン
  • 同じ年か次の年のミニヘボコン
  • その翌年くらいのギガ・ヘボコン

記憶が曖昧すぎる。

それぞれの大会でなんとなく息子も絡むので、出場の記録と合わせて思い出してみます。

第1回のヘボコン

最初に大会を知った時は、確か「どこかの体育館とかで10人くらいでやる」みたいなことが書いてあったので、技術力ゼロだけど参加しても(最悪キャンセルしても)怒られないと思って応募しました。

そしたら何故か東京カルチャーカルチャーでやる事になってて、参加人数増えててメデイアまで入ってた。

とはいえ何か特別な事ができるようになるわけでもないし、タミヤしか頼るものがないので頑張って作ったのがこちら。

クーちゃん零号機。

クーちゃんとは、僕がお世話になっている会社のキャラクターロボットです。LINEスタンプもあります。

ちょうどたまたま、3Dプリンターで作った素体があったので、タミヤのボクシングファイターに頭だけ載せて完成。キャラへの愛が技術を超えて三次元化した瞬間でした。

結果としては、小学五年生のエセ二足歩行ロボットをボコボコにするつもりが大破して負けたわけですが、おかげで何となく記憶に残ることができた感じになったので良かったです。

この模様はめざましテレビでも流れまして、それを見た息子が「ヘボコンに出たい!」と騒ぐようになりました。

同じ年か次の年のミニヘボコン

当時の息子が何歳だったか忘れましたが、結構本気で言ってるっぽいので、ミニヘボコンを話があった時に参加させる事にしました。

とは言え息子は何も作ってなくて、且つ会社の部活グループ「ロボット部」のメンバーも出たいということなので、僕は何となく見に行って息子を大会(Maker Fair)に連れてっただけですけど。

という事で、会社のメンバーが作ったのが、こちら。

クーちゃん初号機。ちゃぶ台で相手を叩き壊します。当日は動かなかったけど。

息子は操縦手伝ったんだっけなー。あんまり覚えてないです。でも優勝してました。(小さい大会が何回か行われてた)

副賞として、タミヤの商品券5,000円分をいただきクレーン車買って帰りました。

その翌年くらいのギガ・ヘボコン

で、息子とちゃんと出たのが、ニコニコ超会議内で行われた「ギガ・ヘボコン」でした。

高さ・幅・奥行きのどれかが1m以上だったっけな。人が乗っても良いとのことなので、息子をパイロットとして採用しました。少年兵の誕生です。

クーちゃん二号機。クーちゃん自体は動力を持たないので、青い電気カーに載った息子が、クーちゃんを押して前進するタイプです。

この大会はニコ生で中継されていたのですが、どうやら息子は「少年兵」と呼ばれていたようです。他の出場者のロボットにも載せて頂く機会をもらったりしたので、パイロットの人手不足も懸念されてました。

 

ちなみに少年兵ですが、自分の試合は間違ってバックして3秒で場外負けでした。人は負けて強くなるんだ。でも本人はいたって満足だったみたいです。よかった。


ということで思い出せるのはここまで。ここ数年は、ヘボコンにあまり参加できてません。

最近の少年兵は、大人の階段を昇り降りしながら、今は卓球に夢中になってます。もしまた参加する事があったら、卓球のラケットでロボット作ろかな。あれ?もうそんなのなんかあったっけ?よく覚えてないけど、まぁいっか。