【閑話追加】トイドローン「SYMA X5UW」をちゃんと飛ばして遊んでみた

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone

前回、SYMA社の「X5UW」を開封してすぐ家の中で飛ばした様子を報告しました。今回はいよいよ飛行場で本格的に飛ばしてみたのでご報告。内蔵カメラの画質も確認してきましたよ。

今回の練習場

勤務先の社内部活「ロボット部」のメンバーで向かったのは、さいたま市岩槻区にある「Acro+」(アクロプラス)さん。

多分、倉庫を改装してできたのかな、という趣のある出で立ち。中に入ると、ネオンが綺麗に光るコースにうっとりします。

いつかこんなコースでドローンをガンガン飛ばしたいものです。(*´艸`*)
中では、小学生のお子さんを連れたご夫婦が自作ドローンを黙々と組み立ててたりして、かなりのガチモードです。ミニ四駆よりも親子で本気になれるもの。それがドローン。

とりあえずまぁ僕たちは根っからの初心者なので、そんなコースを横目に別棟の練習場へ。

他にもお客さんがいたので、半分ずつ場所を使わせていただきました。

早速X5UWをまた組み立てる

ちなみに、組み立てると言ってもローターカバーを付ける程度なんですが、AmazonのFAQでも質問されるくらい、結構キツめにできててなかなか入りません

こちら、差込口上面の出っ張りを先に押し込んでから差し込むと、少しラクに入ります。

そして最後はカチッとはまるまで押し込みます。最後まで入っていない場合は、外す時のフックみたいなものが水平状になったままです。

ちゃんとハマると、このフックが下に下ります。キチンとセットしましょう。

という事で、また早速飛ばしてみる

今回は自宅の部屋と違って高さも横幅あるので、Flip 360 も試してみました。ボタンとレバー同時押しでグルグル回ります。

ホバリングの安定感で言ったら、自分の回転する風圧で少し流されている感はありますね。

ちなみにFlip 360 の様子を付属のカメラで撮るとこんな感じ。

画質ですが、720pとはあるものの、実質360pを見ているかのような感じです。Flipするとさすがによく分かりませんね。

ちなみに別日に近所の公園で飛ばしてみた時の空撮映像はこちら。

風がある程度吹いていたこともあり、機体も流されるし空撮どころではありませんでした。このあたりがトイドローンの限界でしょうか…。

ちなみに公式Webサイトを見ると、内蔵カメラについて「ROTATABLE CAMERA」という記述があります

カメラの角度を変えられるんじゃないか?と思っていろいろ調べましたが分かりませんでした…。何方か知っていたら教えてください。


という事で、いろいろ楽しかったり限界も知ったりしましたが、操作とかパーツとか、ますますいろいろ極めたくなりました。とにかく楽しめるシロモノでした。

何より機体がかわいい…。機体はこのままでモーター変えたりとかも試してみたいかな。できるのかな。次は息子と一緒に行ってみようと思います!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone