【閑話】トイドローン「SYMA X5UW」で楽しく空撮(の準備)してみた

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone

会社の社内部活動で「ロボット部」に参加してます。2足歩行ロボットやPepperで遊んでましたが、最近ドローンを買いました。それなりにいいやつ。

で、これだと航空法にそわないといけないので、200g以下のトイドローンを自分用に欲しいなぁと思い始め。いろいろ口コミも調べた結果、購入したのがこちら、SYMA社の「X5UW」です。

X5UW

赤い筐体が何とも素敵。生中継可能なカメラは90万画素だそうで、すごくキレイなわけではありませんが1万円弱という価格帯を考えたら充分です。もう少し細かいスペックを書くと、

  • 本体重量112g(バッテリー含む)
  • 6軸ジャイロ搭載
  • 130分の充電で7分のホバリングが可能
  • FPVカメラ付き(たまに200万画素と書かれているサイトを見ますが、90万画素です)
  • ヘッドレスモード切り替え可

といった感じです。初心者向けにもってこいのスペック。

開封の儀式(和室)

Amazonで購入後、1日で届いたので早速開封。

ワクワクしますが、よく見ると箱が上下逆で梱包されてました。頼むよAmazon。

こっちが上。

ひゃー(*´艸`*)

鮮やかなレッドです。予備のプロペラが8枚付属されているだけでなく

バッテリーが2つ付いているのも嬉しいですね。

組み立てに関しては、プロペラの保護カバーの取り付けが若干硬めでしたが、特に難しいことはありませんでした。

早速飛ばす(和室)

室内という事で特に気圧の影響などは受けないはずですが、やはり上空で落ち着いてホバリングさせ続けるのは難しいですね。室内でガンガン壁にぶつかりつつ落下しました。でもまぁ無傷です。全然丈夫でした。

FPVカメラもWi-Fiですぐつながったし、設定はすごくラクでした。日本語マニュアルの日本語がわかりづらいので、英語マニュアルで設定しましたが。どういうこと?

という事で、今週末はロボット部で「Acro+」というドローン飛行場に行ってきます。空撮したらその結果も追記しますね。乞うご期待。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone