【api.ai】英語エージェントで日本語Entitiesが反応しなくなった

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone

※api.aiは、2017年10月にDialogflowへと名称変更されました。

それは突然訪れた悲劇。FBページ「知野いずみ」では、統計解析やウェブ解析に関する質問に答えられるようにボット機能をちょっとずつ改修をしています。ところが、全く反応しなくなりました。

せっかく話しかけていただいた方々、申し訳ありません…。(「彼氏いるの?」とか聞いてきた人のことは知らない。)

ただ一番の問題は、身に覚えがないこと。何で急に、って感じ。それで色んなパターンで動作確認したところ…

英語は反応するけど日本語だと反応しない…。これは…。

という事で原因は、「知野いずみ」の言語を「英語(en)」にしているのですが、それだとEntitiesで日本語が反応しなくなったからでした。Intentは問題なく動作していて、Entitiesを使わないルールは無事反応してました。

仕方がないので、言語を「日本語(ja)」でエージェントを作り直し。まぁこれまでTrainingから学習させた内容はIntentに記録されているので、IntentsとEntitiesをexport / ImportすればOK。そこはラクなんですけど。

無事、反応するようになりました。お騒がせしました。

そもそもapi.aiは、日本語エージェントの形態素解析機能がなかったので、英語エージェントで無理やり利用してたというのもあります。その精度があがっていくのはいいのですが、できなくなるのはちょっと辛いです…。

そろそろ自前で自然対話ツールを構築しろということなんでしょうか。ちょっと頑張ってみようかなぁ。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone