「知野いずみ」をFacebookメッセンジャーbotにしてました




千野いずみ
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone

これまで何度かLINE Messaging API + api.aiによるチャットボット開発ハンズオンをやってきました。せっかくなのでfacebookメッセンジャーbotとSlack botもできるようにしておこうという事で、まずはFacabookメッセンジャーbotから。

ちなみに「知野いずみって誰?」って話なんですが、統計解析やウェブ解析に関する質問には答えてくれるけど、それ以外は塩対応しかしない人です。

まだまだ学習途中なので、質問しても応えられることは限られてるんですが、これからどんどん学習させていきます。ぜひ下記Facebookページに「いいね」の上、メッセージをお送りください。

https://www.facebook.com/chinoisme/

ちなみにTwitterでも、ウェブプラのPR担当してくれてます

参照記事

Facebookメッセンジャーbotも公開されてしばらく経つので、情報は結構あがってますが、PHPerとしてはここが一番理解しやすかったです。

Facebookメッセンジャーbotは、Facebookページのメッセージ機能に常駐させる感じになるのでFacebookアプリを新規作成して

  • プロダクトから「Messenger」を追加して
  • 常駐させたいFacebookページを指定し、Webhookを設定

すればいけます。LINEボットを一から作ったことがある方ならさほど難しいことはありません。

LINEと比較してみてどうか?

メッセージの受送信しか試せてないので、まだあまりよく分かってません。笑

比較はこちらをご参考ください。

個人的には、投稿タイプというよりは、Facebookメッセンジャーの場合、botとの1対1だけでなく管理者からも個別に手動メッセージ送信できるのが良いなと思いました。通常はボットに対応させつつ、要対応の投稿があった場合はこちらから、というのが無料でできてしまうのは良いですね。LINEビジネスコネクト的に使えそう。

無料と言えば、基本的にfacebookは無料なのでその辺も優しい、というのもあります。

ターゲットユーザーや使われ方に併せてプラットフォームは分けるのは、当たり前とは言えABテストしてみたいところでもあります。もうちょっといろいろいじってみようと思います。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone