【Mautic】ユーザー権限(ロール)を設定してみんなでマーケティングする方法




Mautic
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone

フォームやメール、ランディングページ、ダウンロードコンテンツ、そしてキャンペーンシナリオ管理と、様々なことができるマーケティングオートメーションツール。これらを全て社内で賄えるのであれば良いですが、なかなかリソースを揃えるは難しいもの。個人的には、外部パートナーともうまく連携しながら効率よく運用を進めたいというのがあります。

その場合、どうしてもコンタクト情報の開示は避けたいもの。閲覧権限は与えずに、フォームやランディングページの作成だけをお願いして、公開権限はこちらのみで…。ワガママにな要望にも思えますが、そんなニーズにもMauticなら答えてくれます。このかゆいところに手が届く感。マーケティングのクラウドコミュニティ運営に優しいのもMauticです。

注意点

SaaS版であるMautic CloudをFreeでお使いの場合、ユーザーはそもそも1名しか作成できません。複数名で使用するにはPro版にアップグレードする必要があります。そのため今回の手順はダウンロード版で行います。

ロールを作成する

管理画面右上の歯車アイコンから「設定」を開き、「ロール」を選択します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-23-15-05-57

デフォルトでは全権限を保有する「Administrator」のみです。ここで「+新規」を押下すると現れる新規ロールの設定画面を見てみると…。

mautic_role

ヤバイくらいの項目に対する権限を設定することができます。上図は、ランディングページのパーミッション設定画面。自分や他人ごとにページの閲覧・作成・削除権限や公開権限と併せて、そのページをカテゴライズするためのカテゴリーに対する権限も細かく設定できます。

メールやキャンペーンなどの機能単位で必要なものだけチェックをして保存すればロール設定の完了。試しにアセットとランディングページの権限だけ付与したアカウントでログインすると下のようになります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-23-14-42-26

コンタクトの閲覧権限を与えていないので、ダッシュボードにグラフや地図が表示されていないのが分かります。左のメニューを見ると、コンポーネントのアセットとランディングページのみ。チャンネルはありますが、クリックできません。

もちろん、ランディング作成画面は通常通り。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-23-14-43-04

ちなみに、設定見たさに右上の歯車アイコンをクリックすると…

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-23-14-43-33

Mautibot(マウティボット)が出てきて、若干イラッとしました。

これなら、外部の方にランディングページやキャンペーン設定を見てもらうのも大丈夫ですね。一人で全部やるのがしんどい方は、ぜひ専門性を活かせる皆さんへの権限設定を行ってMA運用に取り組んでみてはいかがでしょうか?

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone