【Mautic】ソーシャルモニタリングの設定方法

Mautic
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone

Mauticのバージョン2.2が公開されました。ダウンロード版とSaaS版の双方が2.2になったということで、個人的には「Channels(チャンネル)」内の「Focus Item」と「Social Monitoring(ソーシャルモニタリング)」がどちらでも利用できるようになってよかったな、と思っています。

以前は

  • Focus Item → mPower Focus
  • Social Monitoring → mPower Social

という名称で、主にSaaS版で使える機能でした。mPower Focusに関しては、Mautic Meetup Tokyo #2で発表させていただいた事もありました。

スライドを見返してみたら、この当時はmPower Socialをうまく使えてなかったのか…。という事で、バージョン2.1でも使えた機能ではありますが、ソーシャルモニタリングについてまとめます。

できること

Twitterでの「指定したメンション」または「指定したハッシュタグ」を投稿したアカウントを、コンタクトに追加することができます。

mensionメンション指定画面

hushtagハッシュタグ指定画面

ソーシャルモニタリングTOP画面の「+新規」ボタンから上記項目を選択・入力すれば、基本的にはコンタクト情報の追加はできます。ただし、ダウンロード版できちんとコンタクト情報を追加するには、下記設定をして上げる必要があります。

  • コンタクト情報でプロフィール画像や最新ツイートを取得をしたい場合は、Twitter API Keyを取得しプラグインにてAPI認証してあげます。
  • ソーシャルモニタリング用のcron設定を追加します。

Twitter API Keyの取得

プラグインでTwitter連携をしていない場合、コンタクトは追加できてもプロフィール画像や最新ツイート情報などが取得できなかったので、プラグインの「Twitter」を認証させる事できちんと情報が取得できました。手順は以下のとおりです。

  • Twitter Apps」へアクセスし、「Create New App」ボタンから、アプリを新規作成。
  • Mautic管理画面右上の歯車アイコン > プラグイン > Twitterを選択。先程作成したアプリのクライアントIDとクライアントシークレットを入力。
    twitter
  • アプリの認証ボタンを押下し、無事接続できればOK。その後、「機能」タブや「コンタクトフィールド」タブから必要な設定をしてあげます。

ソーシャルモニタリング用のcron設定

ダウンロード版をお使いの場合、セグメントやキャンペーンの自動定期更新のためにcron設定を行ったかと思いますが、ソーシャルモニタリングにもcron設定が必要です。こちらの設定一覧を参考に、cron設定を行います。

この2点を行えば、無事コンタクトに情報が追加できるはずです。

モニタリング情報をどう扱うか?

結局は「Twitterのモニタリング」にすぎないので、正直そのままでは情報として活用できることは少ないように思われます。また一般的にマーケティングオートメーションは、BtoBにおいてリストを有効活用するものであるため、Twitter情報からナーチャリングする事は少し困難な気もしてます。

ただし、ソーシャルモニタリングで追加されたコンタクトに「セグメント」を追加したり、そのセグメントに対しキャンペーンでポイント付与などもできたりはするようです。それらの情報を付加することで取れるアクションは増えてきそうなので、もう少しテストしながら情報活用してみようと思います。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone