Contact Form 7(など)とMauticを統合できる「WP Mautic Form Integrator」

Mautic
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone

インストールした時点でも、SalesforceやZohoとのインテグレート可能なMautic。ただオープンソースという性質上、既にWordPressでサイト運営しつつContact Form 7 などのフォームツールで問合せ受付をされているような規模感で、マーケティング・オートメーションを試してみたい、というケースもちらほらあるのではないでしょうか。僕もそう思ったケースがあったので。

MauticはAPIが提供されているので、それを使って開発してあげればWordPress周りも連携可能ではあったのですが、これをWordPressのプラグインで簡単に実装できるのが「WP Mautic Form Integrator」です。

WP Mautic Form Integrator

Mauticのフォーム機能も結構簡単に実装できるのですが、セキュリティとか気になる場合とかは役立ちそう。NINJA FORMSやFormidable Formsとも連携可能なようだし。という事で試してみました。

WP Mautic Integratorのインストール

公式プラグインですので、管理画面の「プラグイン」 > 「新規追加」で「WP Mautic Form Integrator」と検索すれば、すぐ見つかります。そのままインストール。

Mautic側のAPI設定

API連携するために、Mautic側でOAth認証情報を発行する必要があります。まずはログイン後、画面右上の歯車アイコンから「設定」 > 「API設定」で、APIを有効化します。

2016073101

その後、同じ歯車メニューの「APIクレデンシャル」を選択し、APIを「+新規」で作成。

2016073102

認証プロトコルは「OAth 1.0a」、名前に分かりやすい名前を入力して、「保存して閉じる」と、公開キーとシークレットキーが発行されています。これで準備OK。

2016073103

WP Mautic Form Integratorの設定

APIの準備ができたら、WordPress側の設定です。「WP Mautic Form Integrator」の「Setting」で先程取得したキー情報を入力します。

2016073104

「Mautic Base URL」にMauticのURLを入力するのですが、https://だとエラーが出るので、http://で入力。あわせて、公開キーとシークレットキーを入力します。

どのフォームを統合するか?も、チェックボックスで選択できます。

フォームの統合

ここまで来てなんですが、このプラグインは、「フォームを統合するプラグイン」です。なので、WordPress側のフォームと併せて、統合したい項目が設置されたフォームがMautic側にも必要になります。まだMautic側にフォームがない場合は、統合前に作成しておきましょう。

その上で、「WP Mautic Form Integrator」の「ADD NEW」を選択すると、OAth認証の後に統合設定が始まります。

2016073105

統合するフォームと項目の関連付けを行えば「Finish」です。実際にWordPress側のフォームから送信を完了すると、Mautic側にもデータが送信されているのが確認できると思います。

Mautic側にもフォームが必要なのは手間なのですが、コンバージョン時のメール送信やポイント付といったアクションも同時に発生するので、MA側のキャンペーンシナリオ設計の手間と考えれば無駄ではないかも。

何より、現存の環境はそのままでMauticを連携できるので、試してみてはいかがでしょうか。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone