【Mautic】「Forms」~ココロかよう握手を交わす扉。




Mautic
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone

マーケティングはみんなでしましょう。外資系並みにマーケティング部門への十分な人材投資がなされない限り、とかく”ぼっち”になり易いマーケティング担当ゆえに、関わる人みんなでマーケティングしましょう。コミュニティが必要としているのは、技術よりもマーケティングだ。

先日facebookへ投稿した僕の不躾なお願いに、いくつかの暖かい反応を頂けたこの世の中は愛で溢れています。確かにふと周りを見渡してみると、資金調達の新たな場であるクラウドファンディングは、製品とユーザーとの絆を計るテストマーケティングの場としても発展し、業務依頼の新たな場であるクラウドソーシングは、ユーザーとのサービス共創の場としても発展しているようです。

シェアリングエコノミーとマーケティングが深く交錯し一本化するような流れの中、デジタルマーケティングは、ユーザー獲得のツールの発展から、絆を強くする手法の模索へとフェーズが移行しています。

そしてここに、1つのマーケティングツールがあります。この「Mautic」という名のマーケティングオートメーションツールは、今年2月にβ版が公開されたばかりのオープンソースソフトウェアです。現在の最新バージョンは、1.2.2です

国内でも昨年あたりから頻繁に耳にするようになったマーケティングオートメーション(以下、MA)。その意味や多数あるツールの機能比較は、様々なメディアで記事にされていますのでそちらをご参照ください。

多くのツールがそれぞれの特長を持って差別化されている中、リード(見込み客)管理やメール配信を中心にかなりの機能を無料で試せるMautic。今回はその「Forms」にフォーカスしてみます。(やっと本題。)

※ちなみにMauticは多言語対応されていますが、「Forms」はまだ翻訳がされていません。日本語翻訳の進捗度は現時点で80%ほどとなっています。

Formsとは、その名の通りごく当たり前の話ですが、リードの取り込みやリードへのアクションを促すのに必要なフォームを生成するための機能です。

Formでは、

  • Campaign Form – リードリストに対して行なう「キャンペーン」で使用するフォーム
  • Standalone Form – 新規登録フォームなど、キャンペーンに制限されない単独フォーム

のどちらかをを作成することができます。手順としては、

  • Details(詳細) – フォーム名や送信後のアクション(完了画面への遷移、完了メッセージを表示など)の設定画面。ちなみにフォーム名は英語を推奨。日本語だと動作が不安定だったりします。
  • Fields – フォームの項目の設定画面。フォームの入力内容とリードの項目との紐付けも行います。
  • Actions – フォームの入力内容送信完了後のアクション設定画面

の3画面からフォームを作成。「Actions」ではメールの送信やリードへのポイントの増減、ファイルのダウンロードなどが設定可。作成後、JSもしくはIframeでHTMLに自由に組み込みが可能とかステキなものとなっています。

画質があまりよろしくないですが、PC画面を少し角度をつけて撮影すると浮いて見えるダイアログとか、ご飯がおいしいです。二次元最高。PHPとか書かなくても、エンジニアに注文しなくても、フォーム周りでやりたいアクションがひと通り設定できるということは、それだけマーケティングに専念できるということですね。マーケティングに専念できるということは、フォームを通じて関わる人の事を、もう少しだけ真剣に想う事ができるということなんだと思います。

これまでのデジタルマーケティングは、前年比◯%成長を達成する為の手段として話題とされることが主でした。フォームはその何らかの「コンバージョンポイント」として、数と率でのみ語られるものでした。

しかしこれからのフォームは、多種多様なニーズにOne to Oneで答える為に存在します。フォームはココロがかよう扉として、ユーザーが握ったドアノブをマーケッターとの握手へと遷移させる役割りを果たしていくんだと思います。マーケティングから愛が生まれる瞬間です。そんな瞬間がこの「Forms」から生まれていくのを想像したい。そう思わせてくれるのが、Mauticの「Forms」です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone