Web懐石はじめました。




Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone

先々月末、ふと思い立って「Web懐石士」を名乗り始めました。

基本的には見切り発車でモノゴト進めるタイプで、且つすぐフラフラする体質なので、思い立った理由を(1ヶ月以上たった)今、まとめておきます。

個人的なワークポリシー

0or8

広告会社で企画とかマーケをキチンとやり始めた時、自分のワークポリシーとして「0 or 8」ってのを決めました。フリーランスになった時、それをマークにしました。今の会社来てからあまり公には言ってないけど、常に頭にあるポリシー。

0は、1回ひねれば8になります。

何か考えて行動する時。検証して改善する時。0から10まで全てやるのは大変だけど、0でも頭をひねって8にできれば、あらかた片付くし次に進んでもいい雰囲気。それを続けることでなら、PDCAとして回し続けられそう。

という事で、頭をひねって8を出し続ける。マーケターとして、それをワークポリシーにしています。

何故か殺伐とする、マーケティングの現場

ただ、今のマーケティングの現場って、どこか余裕が無い感じがしています。Webの運用やマーケティングが、営業成績や売上に直結しようがしまいが、Webと解析の重要視される中、「売上を◯◯倍にした手法!」みたいな文字が巷には流れ、その手法を真似しようとみんな躍起になっています。

でも、そんなマーケティングって面白いのかなぁ。

早いPDCAには、やっぱりアイデアを早く生むスキームが必要なんだと思っている僕は、できるだけマーケティングの現場は楽しくあって欲しい。学ぶときも、実際の現場でも。そこで考えついたアイデアを、できるだけ早くカタチにして、検証して判断すればいい。

その手法を、手の届く範囲だけでも共有したくて、「ほっこりした時間のなかでマーケティングを考える」サービスを考えてみました。それには、「食」だろうと。

といった経緯から、「Web懐石」を始めました。「Web懐石士」を名乗り始めました。

まだテスト運用といったところなので、何回か知人を通じて開催しながら、サービスレベルの向上に励もうかと思っています。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInEmail this to someone