【まとめ】ConoHa VPSでMoodleをたててみた話

ConoHaにはこれまでも、自然言語処理学習させたりその流れでチャットボット作ったりと何かとお世話になっておりますが、今回は自分にとって今年のテーマの1つでもあった、「Moodle」の構築について書いていきます。

そもそもMoodleとはなにか?

Moodleは、2001年に公開されたオープンソースのLMS(Learning Management System:学習管理システム)です。230もの国々、1億4千万人を超える受講者が利用しています。日本においても様々な大学がMoodleでオンライン講座が提供されています。

Moodle

なぜ自分がMoodleを活用し始めているかについては、過去記事「LMS市場の動向と、なぜ今e-ラーニングに注力するのか?」を参照ください。

学習は、誰もが手にできる自由のひとつです。オンラインで学びあえるとか、なんて素敵なことでしょう。もう働きたくないです。勉強だけしていたい。

MoodleをConoHaで構築する

やっと本題。それなりにつまづいたのですが、とりあえず端的にお話していきましょう。

1.Moodleの動作要件

必要なシステム構成については下記を参照ください。

一見、標準的なLAMP環境ですね。

ただし、現在のConoHaのCentOS最新環境で行くと、CentOS8かつPHP7.2が入るわけですが、これだとMoodleは動きません。PHP7.1である必要があります。という事で、

2.サーバーを追加する

ConoHaでサーバーを追加します。この時、CentOS7を選択するのがもっともサクッとMoodle構築できます。

3.LAMP環境の構築

どこにでも情報は転がってますが、以前このコラムでもConoHa VPSでCentOS7関連の記事を書いているので、こちらをご参照ください。

書いたと言っても、リンク集なんですけどね。人は助けあって生きています。

4.Moodleのダウンロードとインストール

先程の「Moodleをインストールする」リンクに、Moodleのインストール方法も書いてあるので参照ください。

圧縮ファイルを落としてきても、Gitコマンドで複製してもどちらでも良いです。お好きな方で、お好きな階層に展開してください。

そしてブラウザからアクセスすると、次のような画面になります。

さすが世界のMoodle。言語対応の数がすごい。

この後、必要なサーバー情報を入れていくんですが、データベース接続やrootディレクトリが指定されていないとかでエラーが出るケースがあります。

これらの設定は、ほぼルートディレクトリにある「config.php」に設定されています。場合によっては「config-dist.php」しか無いためエラーになっている事もあるようです。その時はファイルを複製の上、config.phpに正しい設定を記述してください。

きちんとインストールされると、もうMoodleがお使いいただけます。LAMPは楽ですね。

管理画面から様々な講座が作成可能です。Moodleを使って、みんなで学び合いましょう。


という事で、今後のEdTechもConoHaにおまかせ!未来は明るい!

関連記事一覧